データ復旧について知り、データを確実に復旧させましょう。

2009年09月12日

息を呑む、リカバリーCDの作り方





Adaptive Server Anywhere やSQL Anywhere のデータベースは、データを格納するディスク・ファイルから構成されています。


Sybase Central の'Create Database' またはdbinit コマンドライン・ユーティリティを使用してデータベースを作成すると、メイン・データベース・ファイルすなわちルート・ファイルが作成されます。



デフォルトのデータベース・ファイルはdatabase_name.db という名前で作成されます。


このメイン・データベース・ファイルには、データベース・テーブル、システム・テーブル、およびインデックスが含まれています。その他のデータベース・ファイルはデータベースのサイズを拡張するものであり、dbspace と呼ばれています。


dbspace には、テーブルとインデックスは含まれていますが、システム・テーブルは含まれていません。


dbspace は、Sybase Central またはInteractive SQL を使用し、CREATE DBSPACE コマンドを発行することによって作成することができます。デフォルトでは、dbspace ファイルは、drive:\path\dbspace_name.db の書式で作成されます。


データベースが1 つ以上のdbspace を使用しているかどうかは、Sybase Central 内のDBSpaces フォルダを開くことによって、あるいはsys.sysfile システム・テーブル( 各dbspace ごとに1 行) を問い合わせることによって確認することができます。
posted by データ at 12:59| リカバリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。