データ復旧について知り、データを確実に復旧させましょう。

2009年09月12日

とっておきのデータベースのバックアップ

データベースのバックアップは、データベースが積極的にアクセスされているとき( オンライン) でも、あるいはデータベースがシャットダウンされているとき( オフライン) でも実行できます。


データベースに対して通常のシャットダウン処理が行われると( この処理はキャンセルできない) 、データベース・エンジンはデータベース・ファイルにデータをコミットします。



オンライン・データベース・バックアップは、コマンドラインでDBBAKUP を実行するか、Sybase Central の' データベースのバックアップ' ユーティリティで実行できます。


オンライン・バックアップ処理が開始されると、データベース・エンジンは、メモリに保持されたすべてのキャッシュ・データ・ページをディスク上のデータベース・ファイルに吐き出します。


この処理はチェックポイントと呼ばれます。データベース・エンジンは、データベースのバックアップ中も、トランザクション・ログ・ファイルにアクティビティを記録する作業を続行します。


ログ・ファイルは、バックアップ・ユーティリティがデータベースのバックアップを終了した後にバックアップされます。


ログ・ファイルには、最後にデータベースがバックアップされてから以降に記録されたすべてのトランザクションが含まれます。


このため、リカバリの間に、オンライン・フル・バックアップのログ・ファイルをデータベースに適用する必要があります。


オフライン・バックアップのログ・ファイルは、リカバリ作業に適用する必要はありませんが、前のデータベースのバックアップを使用している場合には、リカバリで使用することができます。

フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

posted by データ at 13:06| データベースのリカバリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。