データ復旧について知り、データを確実に復旧させましょう。

2009年09月12日

みんなに伝えたい!リカバリーの方法

バックアップ/リカバリ方式の計画を立てる場合には、このことに注意してください。バックアップ/リカバリ方式を開発する場合の推奨手順を以下に示します。



1.ビジネスに対するバックアップ/リカバリの意味を理解する



2.経営者側がプロジェクトに対して時間とリソースを割り当てる



3.開発、テスト、時間測定、記録、健全チェック、展開、およびモニタを行う



4.リカバリに影響する外部の要因を認識する



5.セカンダリ・バックアップの問題に対処する


リカバリ時間が分単位であれば、データベースのバックアップ/リカバリはビジネスのニーズにとって不可欠なものであり、何らかのバックアップ/リカバリ方式を実装することが必須となります。


リカバリが時間単位であれば、より長い時間をかけてこの作業を実行することができます。


リカバリを日数単位で表せるような場合、データベースをリカバリしなければならないという必要性は変わりませんが、時間は重要な要因にはならないと考えられます。


posted by データ at 13:16| リカバリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。