データ復旧について知り、データを確実に復旧させましょう。

2009年09月02日

ハードディスク

パソコンに必要なハードディスクですが、
ハードディスクとはいったい何のことでしょうか。


ハードディスクとは、HDDともよばれ、
パソコンなどの機械内のプログラムやデータといったものを記録する装置のことです。




記録装置といえば、
ハードディスクのほかにフロッピーディスクCD−Rなども当てはまります。


ハードディスクの名の由来は、
金属製のディスクを何枚も重ねあわせた形のため、
フロッピーディスクやCD−Rなどに比べ固いため
「ハード」ディスクと呼ばれるようになったと言われています。


ハードディスクの記憶する方法とは、
金属製のディスクを高速で回転させ、
磁気ヘッドとよばれるものを近づけることにより、
データを書き込むという形で記憶させます。


また、ハードディスクがメインの記録装置であると思われがちですが、
ハードディスクはメインではなく、
専門用語で外部記憶装置といわれている通り、
主に長く保存しておく場合に利用される記憶装置です。


ハードディスクにも弱点があり、
特に振動に弱いといわれています。


また、ハードディスクは強いものという印象がありますが、
なんらかの理由で故障する可能性はありますので、
大切なデータはハードディスクのみに保存するのではなく、
データが消えてしまうことを前提にバックアップをとりましょう。


posted by データ at 08:27| ハードディスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。