データ復旧について知り、データを確実に復旧させましょう。

2009年09月12日

本気のプロダクト・リカバリー・プログラム



プロダクト・リカバリー・プログラムが損傷しているか、プロダクト・リカバリー・プログラムが入っている区画に問題がある場合、上記メッセージが表示されません。


この場合「リカバリー修復ディスケット」を使用して復旧を試みることができますので、予め作成しておくことをお奨めします。



作成方法はモデルによって差異がありますので、必ずマニュアルをご確認の上、作成してください。以下に一例を挙げます。(主にデスクトップパソコンでの作成方法です)

[作成方法(一例)]

1.Windowsを起動します。

2.「マイコンピュータ」や「エクスプローラ」を利用して、C:\ibmtoolsフォルダを開きます。
(通常はCドライブの直下にありますが、見つからない場合は検索などでお探しください)

3.PRDISK.BATファイルを探します。

4.空のFDをセットし、PRDISK.BATをダブルクリックしてください。「リカバリー修復ディスケット」の作成が開始されます。

*その他、プロダクト・リカバリー・プログラムの中に、修復ディスケット作成用のメニューがある場合もあります。

この場合、プロダクト・リカバリー・プログラムが起動できなくなってからでは修復ディスケットの作成ができませんので、予め作成しておくことをお奨めします。

(もし、同じモデルが複数台ある場合は、別のパソコンでディスケットを作成し、それを使うことも可能です)

[リカバリー修復ディスケットの使用方法]
ディスケットをセットした状態で、パソコンの電源を入れます。表示されたメッセージに従ってください。

 
リカバリー方法はモデルによって少しずつ差異があります。今回はいくつかの例を挙げてご説明しましたが、実際に操作を行われる際は必ず、マニュアル・ヘルプ・Readmeファイル等をご確認いただきますよう、お願いいたします。

ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】
posted by データ at 18:16| プロダクト・リカバリー・プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。